2018年8月20日  

 News Release

グリッドリンク、工場向けにIoTトライアルキットの提供を開始
~製造業が取り組むIoTプロジェクトを概念検証(PoC)から支援~


グリッドリンク株式会社  


 IoTプラットフォーム「M2MSTREAM™」を運営するグリッドリンク株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:武田開智)は、安価な「工場向けIoTトライアルキット」のサービス提供を2018年8月より開始いたします。

【新サービス提供開始にいたった背景】
 「IoT」や「インダストリアル4.0」は、製造業のビジネスを根底から変化させる可能性のある新しい概念ですが、この概念を自社にどのように取り入れ具体化して良いのか、先進的な企業でさえ未だ試行錯誤の段階と言えます。費用対効果が不明な段階で大がかりなシステム投資は現実的ではありません。また、IoTプロジェクトを成功させるには、将来を見据えて自社のIoT構想を段階的に具現化することのできる汎用性・拡張性のあるシステムの選定が不可欠となります。「工場向けIoTトライアルキット」は、IoTプロジェクトに取り組む企業が抱えるこれらの課題解決をサポートするサービスです。

【新サービスの特長】
1. ポン付け、すぐ使える
本トライアルキットは、既設の信号灯にセンサーを貼り付け電源を入れるだけでデータ収集を開始します。製造年式・メーカーが異なる機械設備をIoT化することが可能です。簡単な取り付け・取り外しができるため、現場でのトライアル&エラーが容易です。

2. 安価な利用料金
「工場向けIoTトライアルキット」は、基本契約として利用料金:288,000円(税別)/利用期間:2ヵ月間で利用でき、基本契約期間後、引き続きトライアルを継続したい場合は、延長オプション(月額39,800円)をご利用頂けます。低コストで概念検証(PoC)を行いたい、柔軟にトライアル期間を延長したいユーザ-向けの料金体系です。

3. 将来を見据えた汎用性・拡張性のあるシステム
将来的には、センサーデータをトリガーにした遠隔操作機能を活用したい、振動センサーなど色々なセンサーを追加していきたいといったIoT構想を持つユーザーには、カスタマイズ対応が可能です。

【新サービス概要】
既設の積層信号灯の各色ランプに検知センサーを取り付け、点灯・消灯・点滅の状態が変化した時にクラウドにデータを送ります。 クライアント端末(PC、スマホ、タブレット端末)でランプの状態変化をリアルタイムに表示・閲覧することができ、 それぞれの状態変化に応じてアクション(メール送信)を実行します。

【今後の展開】
信号灯検知システムの導入は既に開始されており、IoT導入を容易化するため、 今後は、振動や音、重量、通過といった検知センサーを「工場向けIoTトライアルキット」の標準デバイスとして追加し展開していく予定です。 また、システム開発会社、商社、コンサルティングファーム向けのIoTパートナープログラムを正式に開始する予定です。

【会社概要】
会社名  : グリッドリンク株式会社
所在地  : 〒160-0022 東京都新宿区新宿1丁目36番2号 新宿第七葉山ビル3階
設 立  : 2016年6月
代表者  : 代表取締役 武田 開智
事業内容 : IoTプラットフォーム事業
        ・ IoTプラットフォーム「M2MSTREAM™」の提供
        ・ IoTアプリケーションの設計開発
        ・ IoTデバイス(ハードウェア)の設計開発
       IoTコンサルティング事業
        ・ スマートファクトリー企画立案コンサルティング
        ・ IoTビジネスモデル構築コンサルティング
URL(企業情報) :http://www.gridlink.co.jp/
URL(製品情報) :http://www.m2mstream.com/


【本件に関するお問い合わせ先】
グリッドリンク株式会社
【TEL】03-6811-1133
【Email】m2mstream@gridlink.co.jp
【パンフレット】http://www.gridlink.co.jp/images/pdf/pamphlet_工場向けIoTトライアルキット.pdf